骨や歯を作るだけでなく、高血圧の予防など、身体の中で重要な働きをしてくれる栄養素がカルシウム。

大切な栄養であるにもかかわらず、日本人はカルシウムの摂取量が不足しがちです。


カルシウムが不足するとどんな影響があるのか、また、効果的にカルシウムを摂取するにはどんな方法があるのでしょうか。

カルシウムを効率よく摂取するためのカルシウムサプリメントの選び方やおすすめ人気サプリもご紹介します!


スポンサーリンク

Contents

カルシウムが人間の身体に必要な理由

多くの食品の中に存在し、人間の身体にとって重要な役割を担うカルシウム。身体の中にあるミネラルの中で最も多い成分です。

なぜ、意識的にカルシウムを摂取しなければならないのか、また、不足するとどうなってしまうのかを解説します。


理由1 推奨摂取量が多い

筋肉を動かすときや、神経が脳などと情報をやり取りするときにも使われるのがカルシウム。骨や歯がカルシウムで形成されているのは、万が一カルシウムが不足したときでも身体の正常な機能が保てるよう、貯蔵しておく目的もあります。

カルシウムの必要摂取量は年齢によって異なります。厚生労働省では、1日の推奨摂取量を以下のように設定しています。


○0~5カ月 200mg
○6~11カ月 250mg
○1~2歳 400~450mg
○3~7歳 550~600mg
○8~11歳 650~750mg
○12~14歳 800~1000mg
○15~29歳 650~800mg
○30歳~  650~700mg


日々、多くのカルシウムを消費するため、1日に必要なカルシウムの量は、思っているより多いのもの。

食品から摂取しようとすると、かなりの量になります。

例えば、成人に必要な700mgを牛乳で摂取しようとすると、毎日、1リットルの紙パック約1本を飲み続けなければなりません。

積極的に摂取しようとしても、なかなか難しいものです。


理由2 カルシウムは吸収しづらい

カルシウムを多く含む食べ物を積極的に摂取しても、実は食品から摂取できるカルシウムは吸収率が高くありません。

牛乳や乳製品は約50%、小魚では約30%、野菜類は約15%程度です。

牛乳を推奨量飲んだとしても、約半分程度のカルシウムしか身体に吸収されません。

さらに加齢によって吸収率は低下することが分かっており、年齢を重ねるに従って、より多くのカルシウムを摂取する必要があるのです。


理由3 カルシウム不足が原因で起こる病気

カルシウムが不足すると、身体にはどのような影響がでてくるのでしょうか。

カルシウムが不足してもすぐには体に影響はありません。

それは骨の中にカルシウムが蓄えられているからです。

カルシウムが不足したときには、骨からカルシウムが血液中に溶け出て補うようになっています。


骨粗しょう症

よく知られているのが骨粗しょう症です。

骨は10代で作られ、20歳前後で最大骨量に達し、30代をすぎると、骨量が減少していきます。

20代までの骨量が十分でなければ、年齢を重ねて、骨内カルシウムを消費するようになったとき、骨量が少なくなり、骨密度が低下。

骨がスカスカになり、ちょっとしたことで骨折してしまう状態になります。

自分の体重を支えることすらできなくなる恐ろしい病気なのです。


情報伝達機能の低下

細胞間の情報伝達がうまくいかないことで起こる免疫力の低下もカルシウム不足がもたらす症状の一つ。

ウイルスや細菌が体内に入ったとき、細胞に侵入を伝えるのがカルシウムイオンです。

侵入が伝達された免疫細胞は、ウイルスや細菌を攻撃します。


カルシウムが不足すると、情報がうまく伝わらないため、免疫力が低下したり、免疫システムが混乱したりします。

これにより病気にかかりやすくなるといわれています。

免疫機能の異常であるアレルギーもカルシウム不足が原因の可能性もあるそうです。


そのほか、カルシウムが不足するとこむらがえりや痙攣が起きるといわれていますが、これは事実。筋肉を動かす情報伝達の役割を担っているカルシウムが不足すると、筋肉に情報が伝わりにくくなり、筋肉の痛みや痙攣につながるのです。

症状が進むと、心臓の動きが悪くなり、心不全の原因になることもあります。


高血圧や動脈硬化

カルシウム不足が高血圧の原因にもなることもあります。

カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが血液内に溶け出すことで、血液中のカルシウム量を一定に保とうとします。

溶けたカルシウムは血管を収縮させるだけでなく、血管に沈着し、高血圧や動脈硬化の原因になるのです。


認知症や精神疾患

認知症やうつ病の原因の一つがカルシウム不足であることもわかってきました。

脳への情報伝達にカルシウムが大きく関わっているため、カルシウムが不足すると、情報伝達がうまくいかなくなり、精神的な障害の原因となるのです。

脳内の神経の興奮を抑え、精神を安定させるのもカルシウムの作用。


一つの成分の不足が続くことで、身体全体に大きな影響を与えるカルシウム。

だからこそ、気をつけて摂取しておく必要があるのです。


カルシウム摂取をおすすめの人とは?

どの年代もカルシウムが不足している現代人ですが、その中でも特に気をつけてカルシウムを摂取すべき人がいます。

必要量に対し、摂取量が大きく不足している人たちです。


その1 妊婦

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯をつくるために必要不可欠です。

妊娠中のお母さんはカルシウムの吸収率がアップし、より多くのカルシウムを赤ちゃんに送るようになります。

しかし、厚生労働省のデータによれば、妊婦さんが多い20~30代のカルシウム摂取量は、必要量の3分の2程度。吸収率がアップしても、不足分は補えません。


さらに、赤ちゃんは自分の成長に必要なカルシウムをお母さんから吸収していきます。

足りない分はお母さんの骨に蓄えられたカルシウムを溶け出させることで、届けられます。

授乳期にもカルシウムが使われるため、妊産婦はしっかりカルシウムを摂取しておかないと、骨や歯がどんどんもろくなってしまうのです。


また、精神的に不安定になりがちな妊娠期。

精神を安定させる作用があるカルシウムの摂取で穏やかな気持ちで過ごせるようになります。

さらに、妊娠高血圧症候群の予防にもカルシウムの積極的な摂取が効果的です。


その2 子ども

年代別のカルシウムの推奨摂取量を見ると、成長期の子どもに必要なカルシウムは1,000mgと非常に多いことがわかります。

成長期の子どもは、血中のカルシウムから新しい骨を形成し、身長を伸ばします。

骨量が最も蓄積されるのは、男子で13~16歳、女子は11~14歳です。


この時期に骨量を蓄積して20歳頃の骨量のピークを迎えるため、カルシウムが不足すると、骨密度に低い骨になってしまいます。

30代以降はカルシウム量がどんどん減少していくので、20歳頃までにしっかりとカルシウムを蓄えられないと将来、骨粗しょう症になる可能性が高くなるのです。

将来の健康な身体を作る一歩目が、子どもの時期に始まっています。

そのため、子どものうちに、しっかりとカルシウムを摂取して、骨に蓄積しておかなければならないのです。


その3 女性

カルシウムが溶け出る量や吸収量は、ホルモンバランスにも影響されます。

特に女性ホルモンには、骨からカルシウムが溶け出すのを抑える働きをもっています。

出産や閉経で女性ホルモンのバランスが変化すると、カルシウムの吸収率が悪化したり、骨からのカルシウムの流出が抑えられなくなるなどの影響がでてしまうのです。


さらに、ダイエットなどで極端な食事制限をした場合、今まで以上に摂取量が少なくなってしまいます。

多くの食品からバランスよく摂取しなければならないカルシウムは、サプリメントなどで補う必要があります。


その4 高齢者

高齢者もカルシウムをより積極的に必要とする世代です。

加齢と共に、カルシウムの吸収率が低下し、骨からの流出量が増えるため、骨量が減少します。

さらに、食事の摂取量が減ることで、カルシウムを多く含む食品の摂取量も減るので、体内のカルシウム量はどんどん減ってしまうのです。


そのうえ、運動不足や日光浴不足など、カルシウムの吸収や定着に必要な行動も減少します。

カルシウムを摂取するだけでなく、積極的に外に出て、身体を動かすことが重要です。


健康な骨や歯を維持したい人もカルシウムが必要

もちろん、健康な骨や歯を作り、維持するにはカルシウムを意識して摂取することが重要。

年を重ねても、健康な骨や歯を維持したいのであれば、カルシウムをどれくらい摂取できているかを把握する必要があるでしょう。

骨折した人や、抜歯やインプラント、矯正などの歯の治療を行っている人も、カルシウムを効率よく摂取することで、治療効果は高まります。


効果的にカルシウムを摂取するポイント

カルシウムが健康長寿のために重要な働きをすることが分かりました。

摂取しても吸収率が低く、身体に定着しにくいカルシウム。どうしたら、効果的にカルシウムを摂取し、吸収することができるのでしょうか。


カルシウムが豊富な食材

カルシウムの摂取は食品などから行います。

そのため、カルシウムを豊富に含む食材を多く食べることが重要です。


カルシウムが豊富に含まれている食材は、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品のほか、煮干しやイワシなどの魚介類、豆腐や納豆などの豆類、海藻類などです。

また、ごまや、アーモンドなどのナッツ類、小松菜、パセリにも比較的多くのカルシウムが含まれています。

特に、乳製品はカルシウムの吸収率が高いので、効率的に摂取できます。


カルシウムと一緒に摂取したい栄養素

カルシウムは吸収率が低いのですが、一緒にとる栄養素で吸収率をあげることができます。


たとえば、酢やレモン、イチゴなどに含まれているクエン酸はカルシウムの吸収率をあげる成分の一つ。

小魚や海藻を食べる際、酸味の効いたドレッシングなどをかけて食べると、吸収率がぐんとあがります。


ビタミンDもカルシウムの吸収を助けるものの一つ。

さらに、骨や歯へのカルシウムの定着も助けてくれます。

ビタミンDは鮭やサンマなどの魚介類、キノコ類に含まれているので一緒に食べると良いでしょう。

そのほか、日光を浴びることでも体内でビタミンDが作られます。


カルシウムの吸収を阻害する栄養素

逆に一緒に摂取すると、カルシウムの吸収を妨げるものもあります。

例えば、野菜類に含まれる食物繊維はカルシウムの吸収を阻害してしまいます。

また、牛乳はカルシウムの吸収率が高い食品ですが、吸収を阻害するリンも含まれているので、牛乳だけに頼るのはよくありません。


加工食品や清涼飲料水、肉類にも多量のリンが含まれているため、インスタント食品やジュース、お菓子をよく食べる人はカルシウムの吸収率が低下している可能性があります。

ただ、カルシウムの吸収を妨げるからと、野菜を避けるのはNG。

カルシウムの吸収や健康な身体を作るためには他のミネラル成分とのバランスも重要です。

いろいろな食品をバランス良く摂取することが大切なのです。


カルシウム定着のためには適度な運動も必要

カルシウムをたくさん含む食品を食べていれば、カルシウム不足は解消、というわけではありません。

実は、摂取したカルシウムを骨にするためには、運動が重要ということが分かってきました。

一度形成された骨は、古くなった細胞が破壊され、新しい骨が作られる、を繰り返すことで、健康を保ちます。

このサイクルを維持し、骨密度を高めるために重要なのが、運動による骨への負荷なのです。


運動により、骨に負荷がかかると、弱いマイナスの電気が発生して、カルシウムを骨に定着しやすくしてくれます。

さらに、骨の血流もよくなり、骨が作られやすくなるのです。

筋力トレーニングなどの負荷が大きな運動でなくても、日常生活でいつもより少し長く歩いたり、階段を使ったりするだけでも健康な骨づくりには有効です。


カルシウムに副作用はある?

身体に必要なカルシウムとはいえ、摂りすぎは禁物。

厚生労働省が発表している推奨摂取量の表にも、上限量を1日2,300mgと設定されています。


健康な身体であれば、摂りすぎたカルシウムは吸収されず排出されるようになっています。

しかし、多すぎるカルシウムは、鉄、マグネシウム、亜鉛などの必要なミネラルの吸収を妨げたり、高血圧や腎臓障害の原因になることが報告されています。


また、高カルシウム症という、血中カルシウム濃度が異常に高くなる病気もあります。

便秘や嘔吐、食欲不振などの症状が出ますが、重症の場合は命に関わることも。

食事のみでカルシウムを摂取する場合はそれほど心配はいりませんが、サプリメントを利用する場合は、決められた量をきちんと守るようにしましょう。


カルシウムサプリメント おすすめの選び方・飲み方

食事だけでは不足しがちなカルシウムを手軽に摂取できるのがカルシウムサプリメントです。

どんなサプリメントを選んだらよいのか、選び方のポイントを紹介します。


ポイント1 カルシウムの配合量に注意

まずチェックするのはカルシウムの配合量。1日の必要量が配合されているか、を確認しましょう。

成人男女では、1日あたり130mgから160mgのカルシウムが不足している計算になります。

そのため、130~160mgが摂取でき、さらに上限摂取量の2300mgを超えないかを確認しましょう。


また、カルシウムは1回500mgを超えない量で摂取したときに最も多く吸収される、というデータもあります。

1回分の配合量も確認しておくとよいでしょう。


ポイント2 吸収を補助する成分が入っているかチェック

吸収されにくいカルシウムを効率よく摂取するために、うまく利用したいカルシウムサプリメント。

吸収を補助する成分や、定着を助けてくれる成分が入っていることも重要です。


特に、カルシウムとバランスよく摂取しなければならない、マグネシウムが入っているかも確認しましょう。

カルシウムとマグネシウムのバランスが悪いと身体に悪影響がでることもあります。

ビタミンDやビタミンKなどが入っていると骨の形成にも役立ちます。


カルシウムとマグネシウムの割合は2:1がよいとされています。

配合の割合にも気をつけてみましょう。

※マグネシウムサプリメント

マグネシウムサプリメントの効果と副作用!飲むタイミングはいつ?比較ランキングも紹介


ポイント3 3カ月以上続けられる飲みやすさ、買いやすさも重要

なにより重要なのは、継続できること。

一般的にサプリメントの効果を実感するには、2~3カ月ほどかかることが多いようです。

3カ月以上続けられるよう、続けられる価格のものを選びましょう。

サプリメントの形状もチェック。大きすぎるものは飲みにくく、続けられません。


さらに、手に入れやすいことも重要。

近に購入できたり、手間をかけずに手元に届くような仕組みのものなら、意識せずに続けられるでしょう。


※カルシウムサプリメントの正しい飲み方はこちらをご覧ください。

サプリメントの正しい飲み方!ビタミン・カルシウム・マグネシウム・コラーゲン


人気のおすすめカルシウムサプリメント10選

たくさんのカルシウムサプリメントの中から、選び方のポイントをおさえた10のオススメのサプリメントを厳選しました! 

あなたにぴったりのカルシウムサプリメントがきっと見つかりますよ!


人気ランキング1位 サントリー カルシウム&マグネシウム

公式サイト サントリー カルシウム&マグネシウム


120粒(約30日分)1000円(税抜)


カルシウムの吸収率にこだわって、原料や配合成分を採用したサプリメント。

卵由来のカルシウムと牛乳由来のCPP(カゼインホスホペプチド)をあわせることで通常の約1.7倍という吸収率を実現しています。


さらに、マグネシウムとビタミンKも配合しているため、効率よく骨に定着できるようになっています。

続けやすい価格も人気のポイントです。1日分300mgのカルシウムが効率よく摂取できます。


口コミ

「年齢とともに、特に女性はカルシウムが必要」と聞いていたのではじめました。

食事に気を遣うとともに、サプリメントですっかり丈夫な私です。

信頼できるメーカーの商品を選んでよかったです。(30代女性)

この商品は、カルシウムとマグネシウムが同時に摂取できることから、私にも合っているのではないか?と思いました。

カルシウム不足がずっと気になっていたけど牛乳が苦手なんです。

これなら、手軽に摂取できるので助かっています!(50代女性)


人気ランキング2位 大正薬品 カルシウム&コラーゲン MBP

公式サイト 


5粒×30袋 3500円(税抜)


カルシウムとマグネシウムのバランスにこだわっただけでなく、コラーゲンや牛乳にわずかしか含まれない貴重なタンパク質MBPを配合したカルシウムサプリメントです。

1日あたりのカルシウム配合量は300mgと十分。

1日分を個別包装しているので、最後まで衛生的に飲めるだけでなく、外出先にも持っていきやすいのがうれしいところですね。


口コミ

出産を経験してからカルシウム不足を実感しています。

今のうちからしっかりと補うことで将来困ることがないように、対策として「大正カルシウム&コラーゲン MBP」を購入。

1日5粒だけで1日に必要なカルシウムを補えるだけでなく、コラーゲンやMBPも配合されているので効率が良いところが気に入っています。

これからも将来のために続けていきたいと思います。

年を取ると色々なところが弱りますね。

若い頃は体力に自信があったのですが、足腰が本当に弱くなりました。

どんなに年を取っても元気に歩いていたいので「大正カルシウム&コラーゲン MBP」でケアしています。

お陰様で背筋もシャキッと頑張れています。


人気ランキング3位 健康家族 食べる葉酸・カルシウム

楽天 ●健康家族公式●食べる葉酸・カルシウム

アマゾン 【健康家族】 食べる葉酸・カルシウム(1粒の重量1g×62粒)


62粒(約31日分) 2000円(税抜)


1日分330mgのカルシウムが2粒で摂れるカルシウムサプリメント。

海藻由来のカルシウムを配合することで、マグネシウムやミネラルも豊富に摂取できます。

妊娠中の摂取が推奨されている葉酸も配合されているので、特に妊婦さんにおすすめ。

チュアブルタイプなので、おやつ感覚で食べられます。

ビタミンDやCPPも配合されており、骨への定着もサポートしてくれます。


口コミ

こちらの商品は吸収率が高いとのことで試しに購入してみました。

タブレットで噛むか舐めるしかなく、味が粉っぽいのでもう少し美味しくしていただけると助かります。

錠剤だと味とかは気にならないのですけど。

贅沢でしょうか?

牛乳が嫌いなので簡単カルシウムが摂れる商品を探していたので助かっています。


人気ランキング4位 DHC カルシウム/マグ

楽天 ディーエイチシー DHC カルシウム/マグ

アマゾン DHCカルシウム/マグ60日分 180粒


90粒(約30日分) 380円(税抜)


カルシウムとマグネシウムを2:1のバランスで配合したサプリメント。

吸収率を高めるビタミンDやCPPも配合しています。

1日あたりのカルシウム量は360mgと十分な量があります。

手頃な価格で試せることもポイントの1つ。

ドラッグストアやコンビニエンスストアでも手に入るので、続けやすいサプリメントです。


口コミ

年齢を重ねるごとにカルシウム不足が心配になってきたのでこちらのサプリを飲んでいます。

カルシウムとマグネシウムが一緒に入っているので便利です。

しかも吸収率を上げてくれるCPPやビタミンDも配合されているのでおすすめ。


人気ランキング5位 アサヒディアナチュラ カルシウム・マグネシウム

楽天 アサヒ ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム (120粒) 


120粒(約30日分)660円(税抜)


1日分350mgのカルシウムと2:1のバランスで配合されたマグネシウムを効率よく摂取できるサプリメント。

ビタミンDも配合されているので、カルシウムの吸収率も高めてくれます。

ほとんどのドラッグストアでも購入でき、比較的安価なので試しやすいサプリメントです。


口コミ

睡眠中にほぼ毎日、足がつる状態が1年以上続いていて、そのうち 首や喉までつるようになりました。

不安になつてネットで調べたらマグネシウム不足が原因の1つってあったので とりあえずコスパのいいのをと思って買ってみました。

服用して僅か3、4日で足がつらなくなりました。

サプリでこんなに即効性があるのにビックリしましたし、その後 1年、1度もつることがなくなりました。

今後、一生 続けようと思っています。


人気ランキング6位 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛

楽天 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛 90粒【イチオシ】

アマゾン 大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛 90粒


90粒(約30日分)880円(税抜)


カルシウムが1日に500mgと理想的な量配合されているサプリメントです。

マグネシウムも2:1の割合で配合され、成長にかかせない亜鉛や、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも配合しています。

1日3回の食事と共に摂取できるので、飲み忘れも少なく、継続しやすいのもポイントです。


口コミ

私は、5年前に甲状腺腫瘍の摘出手術を受けています。それから、甲状腺のホルモンの低下により、虫歯がよくできて困っていました。
そこで、こちらのショップでカルシュームを購入してずっと服用しております。それからは、あまり虫歯ができなくなりました。
でも、油断をして飲むのを止めておりますと、また虫歯ができ始めます。年齢的にも、女性ホルモンも低下していますので、これは手放すことができない愛用品になりそうです。
女性ホルモンが低下してきますと、カルシュームが急に放出されると聞いております。骨粗鬆症の防止のためにも、カルシュームの補給には心したい物です。


人気ランキング7位 オリヒロ MOSTチュアブル カルシウム

楽天 オリヒロ MOSTチュアブル カルシウム 180粒 90日分 orihiro

アマゾン オリヒロ MOSTチュアブル カルシウム 180粒


180粒(約90日分)※オープン価格


噛んで食べるチュアブルタイプのサプリメント。ヨーグルト味なので、お子さまと一緒に摂取できるのもうれしいところです(お子さまの摂取量は半分)。

1日分260mgのカルシウムとビタミンDが摂取できます。

たっぷり入っているので、家族みんなでカルシウムサプリメントを試したいときにはおすすめです。


口コミ

味と値段が気に入りました。

身体に効いているのかは、はっきりは分からないが、2カ月程度でなんか関節の調子が良くなった気がしています。


人気ランキング8位 富士フイルム カルシウム&マグネシウム

公式サイト 富士フイルム カルシウム&マグネシウム


150粒(約30日分) 1040円(税抜)


貝由来のカルシウム300mgを配合。マグネシウムも2:1のバランスで配合しています。

さらに、丈夫な骨に必要なコラーゲンも吸収のよい低分子タイプで摂取できます。

噛んでも食べられるので、飲みやすく、続けやすいですね。


口コミ

原材料がはっきり書いてあるカルシウムサプリを探しました。

まだ検査をしていないので違いのほどはわかりませんが安心して飲めることが嬉しい。

さらにヨーグルト風味なのが口当たりが良いのでありがたい。

欲を言うとタブレット感覚でガリガリ噛み砕いて食べても良いならもっと良いです。


人気ランキング9位 ワダカルシウム製薬 BPカルシウム&マグネシウム コラーゲン

公式サイト ワダカルシウム製薬 


300粒(約30日分)4500円(税抜)


1911年に日本で初めてカルシウムの錠剤を開発したのがワダカルシウム製薬。

現在も医薬品の「カルシューム錠」を作っています。

そんな製薬会社がより手軽にカルシウムが摂取できるように、マグネシウムとコラーゲン、ビタミンK、ビタミンDを配合して作ったサプリメントです。

1日分で600mgとたっぷりのカルシウムが摂取できます。


さらに、卵由来で骨の成長促進が期待されるボーンペップも配合。

より効率的に骨の健康をサポートしてくれます。


口コミ

骨粗鬆症予防に毎日飲んでいます。

普通のサプリメントですね。まずまず


ランキング10位 小林製薬 栄養補助食品 カルシウムMg

楽天 小林製薬 小林製薬の栄養補助食品カルシウムMg240粒×2

アマゾン 小林製薬の栄養補助食品 カルシウムMg お徳用 約60日分 240粒


120粒(約30日分)400円 (税抜)


1日あたり300mgのカルシウムが摂取できるサプリメント。

2:1で配合したマグネシウムのほか、ビタミンD、ビタミンKも配合して、骨の形成をサポートしてくれます。

多くのドラッグストアで手に入り、低価格なので続けやすいサプリメントです。


口コミ

栄養補助食品には、数多くの有名食品会社が参入していますが、さも成分が多く通販で買い忘れを防ぐことを謳っていますが、実際はそこそこのお値段。

その点、小林製薬の栄養補助食品は、企業理念で謳っているだけある基準が高くお値段もお手頃です。

血中カルシウム量を正常値となりました。


不足しがちなカルシウムはサプリメントで上手に摂取!

不足しがちなカルシウムを効率よく手軽に摂取できる、カルシウムサプリメント。

将来の骨の健康のためにも、若い頃から上手に活用しておきたいサプリメントの一つですね。

その効果を十分に発揮するには、食事だけではなく、運動、睡眠などにも気を配ることが大切です。

毎日の暮らしで、サプリメントを効率的に摂り入れて、将来の健康も、手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

※関連記事

カルシウムサプリメントのまとめ!選び方・効果・飲むタイミング・副作用

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近