頭痛

目の奥・こめかみ・おでこ・後頭部。

日々頭痛に悩まされている方も多いのでは?


サプリメントや市販薬を飲んで一時は痛みが和らいでも、根本的解決にならないどころか、またすぐにぶり返すこともありますよね。

頭痛と言ってもその種類によって対処法はさまざまです。

主な頭痛について、その原因とともに、種類別にご紹介します。

※関連記事
眼精疲労、目の疲れからくる頭痛に効くサプリメントランキング
頭痛に効く市販のサプリメントランキング!口コミで人気

スポンサーリンク


あなたの頭痛はどの種類?

頭痛チェック

まずはあなたを悩ませている頭痛がどの種類なのか、A・B・Cの中で一番あてはまった数が多いグループによって、可能性が高い頭痛の種類がわかります。

Aの片頭痛とBの緊張性頭痛は併発しているケースも多く、「混在型」と呼ばれています。


頭痛のほとんどは命の危険がない「機能性頭痛」

みなさんが感じる頭痛は、「機能性頭痛」と呼ばれているものがほとんどです。

この機能性頭痛の中には、「片頭痛(偏頭痛)」と「緊張型頭痛」、そして「群発頭痛」が含まれます。

いずれも生命に危険を及ぼす頭痛ではありません。


女性に多い「片頭痛(偏頭痛)」

片頭痛は、20〜40代の女性に多く(男性の4倍程度)、血管の拡張による炎症や、女性ホルモンの影響で起こると言われています。

眩しい光や騒音、人ごみなどのさまざまなことがきっかけで、脳の三叉(さんさ)神経が刺激されることにより起こります。

片頭痛(偏頭痛)と言う名の通り、頭の片側が痛くなることが多いです。


思春期以降、月経のサイクルで女性ホルモンの分泌量が変わることによって起こるとも言われています。

妊娠中などは女性ホルモンの分泌量が安定するため、片頭痛の症状が治まるケースも多いようです。


排卵期から月経2〜3日前やストレスから解放された時は注意!

排卵期から月経の2〜3日は女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」の分泌量が減ります。

その変化が片頭痛を引き起こしやすくするのです。

また、ストレスから解放された時など、ホッと気が抜けた時は脳の血管が広がり、周りの神経を刺激してしまうことによって、頭痛が起こりやすくなることも。


家族に片頭痛の人がいる場合は、遺伝体質的になりやすいとも言われています。

ダイエットのために食事制限して低血糖の状態が長く続くと、片頭痛が起こりやすくなりますから、頭痛持ちの人がダイエットをする場合は、運動なども取り入れるようにして、過度な食事制限は控えた方がいいでしょう。


我慢は症状の悪化につながる!?

長い間片頭痛を我慢してしまうと、脳が痛みに対して過敏になります(脳過敏症候群)。

目まいや耳鳴りの他に、腸の動きにも影響があるので下痢や腹痛を起こすこともあるようです(過敏性腸症候群)。

片頭痛に長年悩まされている人は、一度病院での診察をおすすめします。


成人の20%超が悩まされている「緊張型頭痛」

緊張型頭痛は、日本人の成人約20%以上が悩まされていると言われ、頭痛全体では70〜80%を占めています。

年齢的には中高年に多く、男女ともに主な原因はストレスと言われています。


緊張性頭痛の原因とは?

緊張性頭痛

主な原因は、不安・緊張などの精神的ストレスと、悪い姿勢などによって起こる身体的ストレスです。

頭痛によって更にストレスを受けるという悪循環とも言えます。

頭は6〜7kgの重さがあるのをご存知でしたか?首や肩はその重さを支えています。

首が長く細めの人は、特にその負担が大きく、コリやすいので頭痛を引き起こすようです。


20〜30歳代の男性に多い「群発頭痛」

群発頭痛は、20〜30歳代の男性に多く、群発地震のように一定期間に頻繁に起こることからそう呼ばれています。


群発頭痛の原因とは?

目の奥にある、脳に栄養を送るための太い血管である内頚動脈(ないけいどうみゃく)が、何らかの理由で拡張して起こるようです。

群発頭痛の発作がある「群発期」を過ぎれば、しばらくは症状が治まります。

しかし、2〜3年の周期で発作が再発し、また治まるという状態が繰り返されます。


自律神経が刺激されるので、頭痛以外にも目の充血、発汗、鼻水・鼻づまりなどの症状が出ることがあります。

一見風邪などにもよくある症状ですが、周期的に頭痛がある場合は、群発頭痛が原因かもしれません。

夜中や早朝に起こることが多いようです。持続時間は15分〜3時間程度で、痛みがある時は、日常生活に支障をきたすほどです。


頭痛が続く時や、いつもの頭痛と違うと感じたらすぐに病院へ

軽い頭痛でもずっと続いている時や、明らかにいつもの頭痛と違う痛みを感じた時は、なるべく早く病院で診察と検査を受けましょう。

もしかすると脳腫瘍や、くも膜下出血など、命に関わる症候性頭痛の可能性があるかもしれません。

(症候性頭痛の中には、命に関わらない程度の目や耳・鼻の病気や虫歯、風邪などが原因で起こるものもあります)


病院へ行ったほうがいい目安は?

明らかにいつもと違う頭痛がある場合は、早めに病院へ行ったほうがいいのですが、そこまでひどくない場合は、なかなか病院へ行く気になれませんよね。

とはいえ、以下の項目に当てはまるようでしたら、病院での受診をおすすめします。


  • 市販の頭痛薬を用法・容量を守って飲んでも痛みが治まらない
  • 月に10回以上、市販の頭痛薬を服用している

受診は、頭痛外来がある病院がベストですが、神経内科や脳神経外科がいいでしょう。


病院での主な検査方法は?

一般的な検査は、血圧・体温・脈拍・呼吸などの状態を調べた後に、必要に応じて眼底検査をします。

また、脳の血管の状態などもチェックします。

機能性頭痛か症候性頭痛かを判別するには、CTやMRIなどの画像検査をして、頭蓋骨の中の様子を精密に調べる場合もあります。


診断ポイントは?

頭痛の頻度と場所、頭痛の持続時間などで診断されます。

群発頭痛かどうかは、頭痛発作の場所や持続時間に加え、目の充血や鼻づまりなどの症状を伴っているかどうかで診断されます。

他にも、頭痛が発症する時間帯や季節、生活様式、内服薬の有無や家族の病歴なども診断する上でのポイントになります。


片頭痛の治療法は?

頭痛薬

発作時には、アセトアミノフェンやトリプタン製剤などの薬物療法が有効ですが、片頭痛は生活習慣の乱れが原因となることも多く、規則正しい生活を心がけることが何よりもの予防法です。

吐き気がある時は、対処法に吐き止めの薬を併用することもあります。


緊張型頭痛の治療法は?

ストレスコントロールと薬物療法の対処法があります。

主な原因が心身共に過度な緊張と言われている緊張性頭痛には、生活習慣の改善が一番の対処法です。

適度な休息を取り、正しい姿勢を意識する、気分転換のための趣味を持つなどが、有効な対処法のようです。

また、ストレスを緩和させるために、必要に応じて薬を服用することも。


身体的ストレスには、鎮痛薬や筋弛緩薬を、精神的ストレスの場合は、抗不安薬、三環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を服用することもあります。

薬の種類によっては、保険適応外のものがあります。

副作用で眠気やふらつきを感じることもありますから、注意して下さい。

いずれも医師の処方通りに服用しましょう。


群発頭痛の治療方法は?

発作時の痛みを改善するものと、発作そのものを起こりにくくするものがあります。

持病で別の薬を内服している場合などは、注意が必要です。

診察時に医師に相談してください。

発作時には、血管収縮作用がある「スマトリプタン」を皮下注射もしくは点鼻薬として使うケースがほとんどです。


いずれの場合にも頭痛が起こる前にタイミングよく服用すれば予防効果がある「エルゴタミン製剤」などがあります。

しかし痛みが本格化してから服用しても効果はありません。

他には、カルシウム拮抗薬や副腎皮質ステロイドホルモン、抗てんかん・うつ薬などが有効です。

医師の処方通りに服用しましょう。


まとめ

頭痛とひと言で言っても、痛む箇所や痛みの度合いなどによってその種類や原因は違いますが、日頃から首や肩に負担がかからないように姿勢を見直し、ストレッチなど適度な運動をしつつ、ストレスをあまり溜め込まないようにリフレッシュできる時間を持つといいようです。

ぜひ実践してみてくださいね。

以上、(頭痛の対処法は種類と原因で違うってホント!?)でした。

スポンサーリンク

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近