ほうれい線


みなさんご存知かと思いますが、鼻の横あたりから口元に「八の字型」に伸びるシワのことをほうれい線と呼びます。

一般的には年齢と共に深くなっていき目立つようになるといわれていますが、最近では10代や20代の若い世代でもほうれい線が気になるという方が増えているそうです。

そこで今回は、ほうれい線やたるみの原因、消す方法についてご説明していきたいと思います。


関連記事

ほうれい線、たるみ対策に効くサプリメントの比較!効果的な商品ランキングベスト3!


スポンサーリンク

若くてもほうれい線はできる!?浅いほうれい線の原因とは?

10代や20代の若い世代の方が悩んでいるほうれい線は、言い換えると「表皮にできたシワ」で、加齢によるシワとは異なる場合が多いです。

そのため、ほうれい線の悩みは、年齢によって解決方法が異なると考えられています。

まずは、若い世代の方にほうれい線ができてしまう原因についてみていきましょう。


「顔のむくみ」デスクワークや運動不足に注意!

「むくみ」は現代人ならではの症状だといわれています。

例えば、

  • 仕事で長時間デスクワークをする
  • スマートフォン、パソコンを見る時に前屈みになったり猫背になったりする

ことがむくみの原因として考えられます。


また、睡眠不足や運動不足、水分の摂りすぎ、冷えなどもむくみの原因になります。

むくみが起きると血行が悪化し新陳代謝が阻害され、体内に老廃物が溜まってしまいます。

その重みで頬がたるみ、ほうれい線ができてしまうのです。


「肌の乾燥」正しいスキンケアを心がけて

肌の乾燥は、保湿不足などの間違ったスキンケアにより起こるといわれています。

肌が乾燥することでハリが失われ、これによって、頬がたるみ、ほうれい線ができてしまうことが多いです。

しかし、これは一時的なものであり、肌の乾燥を防げば解消できるでしょう。


「日常生活の癖」表情や骨格の歪みもほうれい線の原因に

ほうれい線につながる日常生活の癖は二つあります。

一つは、「表情」です。笑い方の癖はもちろん、への字口になる癖がある人は要注意。

口角を下げる癖は顔のたるみの原因になってしまうことがあるといいます。


二つ目は、「骨格の歪み」です。

左右どちらかのほうれい線だけが目立つというようなケースでは、骨格の歪みが原因となっている可能性が高いです。

食事の時に片方の歯だけで噛む、頬杖をつく、片足で重心をとるなどの癖が骨格を歪ませると考えられています。

一般的に人は利き手の方に負担をかけやすいので、そのような癖がある場合は注意が必要でしょう。


適度な運動やお手入れが肝心!10代や20代のほうれい線の消し方

ほうれい線・たるみの解消法


若いうちにできるほうれい線は「一時的に頬がたるむ」ことが原因である場合が多いため、日常生活の意識を変えるだけである程度解消することが可能です。

ここでは、10代や20代のほうれい線の消し方についてみていきましょう。


適度な運動を行ってむくみを解消する

むくみを改善させるためには、適度に体を動かすことが効果的です。

ハードなスポーツを無理に行う必要はありませんが、自宅でできるストレッチや軽いウォーキング、ジョギングなどを行うことを心がけましょう。


「舌回しエクササイズ」で顔のトレーニングを行う

全身の運動の他に、顔のむくみを解消させる効果が期待できるのが「舌回しエクササイズ」です。

やり方はとても簡単。

口を閉じた状態で、舌を歯に沿わせて時計回りにゆっくりと回す→次に、舌を反対方向にゆっくりと回す……といった具合です。

1方向20回ずつ行うのを目安とします。


適切なスキンケアを行う

肌の乾燥はほうれい線の大きな原因となってしまいます。

肌を乾燥から守るためには、保湿ケアが欠かせません。

洗顔後、化粧水だけで済ませるのではなく、乳液やクリームなどで水分にフタをしてあげることが大切です。


また、スキンケアを行う際は、肌をゴシゴシと擦らないことがポイント。

指の腹でやさしくお手入れするようにしましょう。

日頃から意識して骨格の歪みを解消させる

骨格の歪みを解消させることで、ほうれい線の改善が期待できます。

食事の際に噛む歯や立つ時の重心、バッグを持つ手などが左右均等になるように、日頃から意識するとよいです。


また、頭の重みで顔のたるみを生じさせる可能性もありますから、デスクワークをしたりスマートフォンを使用したりする時の姿勢が猫背にならないように注意しましょう。


加齢によるほうれい線は筋肉に関係する!?深いほうれい線の原因とは

ほうれい線


ほうれい線は一般的に30代頃から目立ちはじめるといわれています。

この場合は、これまでご説明してきた「表皮にできたシワ」とは異なる「真皮にできたシワ」、つまりは深いほうれい線のケースになります。

それでは、加齢によるほうれい線の原因についてみていきましょう。


「頬のたるみ」や「コラーゲン・エラスチンの減少」

肌の弾力やハリを保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチンは、年齢と共に減少していくといわれています。

肌の弾力やハリが失われることにより「頬にたるみができてしまうこと」が、加齢によるほうれい線の原因です。

また、紫外線のダメージを受けることで、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの破壊が進んでしまうとも考えられています。


顔周りの筋肉の衰え

体の筋肉が加齢と共に衰えていくのと同じで、顔の筋肉も年齢と共に衰えていくといいます。

耳からこめかみの部分の筋肉(側頭筋)や口元の筋肉(咬筋)などが衰えてしまうと、頬の筋肉を支えることができなくなり、ほうれい線となってしまいます。

これらの筋肉は「深層筋」とも呼ばれており、顔のたるみやシワとも大きく関係している筋肉です。


コラーゲンの生成が重要!加齢によるほうれい線の消し方

年齢を重ねることでできてしまうほうれい線は、日常生活の習慣を変えるだけでは改善することが難しいと考えられています。

そのため、10代や20代のほうれい線対策とは違った方法からアプローチをかけることが肝心です。

ここでは、加齢によるほうれい線の消し方についてみていきましょう。


コラーゲンの生成を促進して肌のハリを保つ

ほうれい線を改善するためには、肌の弾力やハリを取り戻すことが重要となります。

人間の皮膚組織の一つである「真皮」は、肌のハリを保つ重要な役割を担っています。

その主な成分は「コラーゲン」で、なんと真皮の7割以上を占めているといわれています。

そのため、肌のハリを保つにはコラーゲンを多く含む食品を摂り、コラーゲンの生成を促進することが大切です。


コラーゲンを多く含む食品としては、例えば、鶏の手羽先や軟骨、レバー、フカヒレなどが挙げられます。また、サプリメントを飲むという方法もおすすめです。

ビタミンCと併せて摂取することで、よりコラーゲンの生成を促進できるといわれています。

※関連記事

コラーゲンサプリの効果的な飲み方!美肌作りに効く
コラーゲンサプリ口コミ人気ランキング7選と選び方!40代女性にオススメ!


三大保湿成分を中心としたスキンケアを行う

先ほどご説明したとおり、肌の乾燥もほうれい線を深刻化させる一因ですから、保湿を重視したスキンケアを行うことが大切です。

特に、三大保湿成分と呼ばれる

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

などの成分が配合されている化粧品を使うことをおすすめします。


また、レチノールやビタミンC誘導体などの成分も肌の保湿に効果的です。


最終手段は医療機関での注射

深く刻まれたほうれい線がセルフケアだけでは改善できなくなってしまったという場合は、医療機関でコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどを注射により注入する、という手段もあります。

コラーゲン注射などの施術は、施術時間が短い上に即効性があることから大変人気です。

ただ、効果は永続的なものではないため、繰り返し通院する必要があります。


※参考記事

シワしみたるみに効く治療方法のまとめ!無料相談は有名美容クリニックがおすすめ


まとめ

以上が、ほうれい線やたるみの原因、消す方法についてのご紹介となります。

ほうれい線やたるみは、年齢を問わず多くの女性が抱えている悩みです。いつまでも若々しくキレイであり続けるために、ほうれい線の原因を根本から解決に導き、お肌の弾力やハリを保ち続けていきましょう!


スポンサーリンク

※参考
白ニキビに効く人気サプリメントランキング厳選ベスト3
顎ニキビに効く市販のサプリメント比較ランキング4選&選び方
頭皮ニキビに効く人気サプリメント3選の比較と選び方
首ニキビ対策!人気サプリメントランキング5選と選び方
フェイスラインのニキビ対策に効くサプリメントランキングおすすめ5選
口周りのニキビに効く市販のサプリメントランキング!ベスト3選
背中ニキビに効く市販の人気サプリメント5選!比較と選び方
顔の赤みや吹き出物に効く!肌荒れ改善サプリメントランキング
40代からでも間に合う!しみ・しわ・たるみ対策に効くおすすめサプリを比較!
しみ、しわ、たるみ対策!効果の高い化粧品は40代に効く
シミ、しわ、たるみ対策に効くサプリメント!40代女性に効果あり

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近