Melasma


化粧前に鏡に映る自分を見ると、顔周りに茶色い点々。

一日の始まりから気分が塞がってしまいますよね。

肝斑(かんぱん)の原因は主としてホルモンバランスと考えられています。

発生のメカニズムとその対処法を本記事で確認・実践して憂鬱な日々にサヨナラしませんか?


※関連記事
肝斑を消すサプリメントランキング!


スポンサーリンク

肝斑はシミの一種

「シミ」というのはカテゴリーであり、「肝斑」はその中の一種です。

なので、シミと肝斑に違いはありません。

肝斑はホルモンバランスの乱れが由来のシミであり、他には「老人性色素斑(日光性黒子)」・「炎症後色素沈着」・「雀卵斑(そばかす)」と分類されています。


まずは各シミの特徴を下記に挙げます。

もし当てはまりそうなものが見つかれば、医療機関で受診し、自分のシミの種類を正確に把握しておきましょう。


肝斑の合図は「目の周りの薄茶色」

肝斑はぼんやりと境界のない大きなシミが特徴とされています。

そして左右対称に薄く広がっているので他のシミとの違いがはっきりとわかるのではないでしょうか。


肝斑の原因は第一にホルモンバランスの乱れ

30歳代から50歳代の女性に多く見られる肝斑は、先ほど述べた通り、主に女性ホルモンのバランスが乱れることに由来すると考えられています。

妊娠や月経の不順、経口避妊薬(ピル)の服用などをきっかけに、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンのバランスが崩れて発症するケースも。


それだけではなく、更年期を前にして、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少傾向中に発症する場合も発症例として挙げられています。

このように体に大きな影響を与える女性ホルモンのバランスが大きく乱れた際、体内の色素細胞(メラノサイト)が活発にメラニンという色素を合成・増殖してシミとなり現れたものが「肝斑」と呼ばれているのです。


ストレスでもホルモンバランスは乱れる

体の不調が肝斑を引き起こすこともあれば、心の不調が引き起こすことも。

ストレスがホルモンバランスを崩す引き金にもなりうるので、あまり悩みすぎないようにしましょう。適度に息抜きを。

さらには「肝斑ができてしまった」というストレスが、かえって肝斑を増加させる恐れもあるので、焦らないことが必要です。


紫外線だってメラノサイトのエサ

肝斑はホルモンバランスの乱れが原因だからと言っても、油断は禁物。

肝斑の発症箇所は額・頬が多く、紫外線の当たりやすい場所が発症箇所ではないかと考えられています。

直接的な原因ではなくても、若い頃から蓄積してきたものが後々肝斑を引き起こす可能性があります。


しかし、メラニンがどういった仕組みで合成されるのかについては、まだ正確に解明されていないので、肝斑および他のシミの発生要因が紫外線などとは一概に言えないのが実情です。

それでも合成主であるメラノサイトをなるべく活動させないために、紫外線から肌を守っていきましょう。


他のシミ3種類の原因・対策

Symi

老人性色素斑(日光性黒子)

原因 紫外線・紫外線によって発生する体内活性酸素の酸化
発生時期 30歳代から
特徴 境界がくっきりした丸い斑点
対策 衣類などの紫外線カット製品の使用・抗酸化作用の高い食品の摂取(例:トマト)

炎症後色素沈着

原因 ニキビなどの肌の炎症
発生時期 年齢・性別不問
特徴 炎症の発生後に茶色くなったものができる
対策 衣類などの紫外線カット製品の使用・炎症ケア

雀卵斑(そばかす)

原因 遺伝的要因
発生時期 3〜5歳ごろ(思春期によく目立ってしまう)
特徴 鼻を中心にして米粒ほどの斑点が多々ある
対策 衣類などの紫外線カット製品の使用

上記3つのシミは具体的な対策として紫外線カットが挙げられますが、他にも洗顔や保湿・活性酸素を取り除く「ビタミンC」と新陳代謝を活発にして肌の色艶を良くする「ビタミンE」の摂取で皮膚のターンオーバーを促していくことも良いとされています。


ビタミンCは既存メラニンを薄くするのに有効!

効能 メラニン合成の抑制・既存メラニンを薄くする・抗酸化作用
含有食材 果実(柑橘類・キウイなど)・野菜(ジャガイモ・キャベツなど)

ビタミンCは熱を加えると破壊されやすい性質を持っていますが、ジャガイモはビタミンCがでんぷんに守られているので、加熱調理をしても摂取することが出来る優れものです。

ビタミンEの抗酸化作用でシミのもとを撃退!

効能 抗酸化作用・血流改善による新陳代謝の活発化
含有食材 ナッツ類(アーモンドなど)・植物油(ひまわり油など)・魚介類(うなぎ・たらこなど)

光や紫外線、鉄などに対しては分解されやすい性質を持っていますが、熱や酸には強くて破壊されません。

また、食材で摂取する場合は油と一緒に調理をして吸収率を上げることが可能です。


生活習慣の改善と肌の丁寧なケアが肝斑改善の近道

肝斑は弱刺激性のレーザー治療を使用する方法がある一方で、アミノ酸の一種とされるトラネキサム酸を含有した内服薬で手軽に治療する方法もあります。

レーザー治療のみだと色素沈着で悪化する危険性を持っているとされているので、トラネキサム酸と併用して体の内側からも治すことができるそうです。


ただしトラネキサム酸の効能は「プラスミン(メラノサイトが活性化する因子)を抑制すること」なので、ホルモンバランスを整えることに繋がらないようです。

メラノサイトを抑制しつつ、大元の原因であるホルモンバランスを改善するには、まず第一に栄養バランスの整った食生活・十分な運動量の揃った規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。

UV加工の衣類で紫外線をガード

UV countermeasure


代表的なシミの一種である老人性色素斑を予防するように、肝斑に対しても、UV加工が施された衣類や日焼け止めクリームで予防することが欠かせません。

また、室内であっても日焼けはしてしまうので、内外関わらず常に対策を心がけておきましょう。


紫外線ダメージを受けてしまったなら即保湿

もし、「日光を浴びすぎてしまったな…」と思った場合はすぐに保湿をしましょう。

日に焼けてしまった皮膚は、がん細胞にならないよう自然に消滅するため、消滅した皮膚を補うべく新たな皮膚が現れます。


そうすると、肌の奥にある角層同士と細胞同士を繋いでいた役割を持つ「セラミド」も同時に皮膚の表面に現れては消えてしまいます。

セラミドは乾燥をはじめとする外部の刺激から皮膚を守る防護壁の働きも併せ持っているので、不足してしまうと荒れてカサカサになる可能性があります。

防護壁効果をアップさせるために、セラミド配合の化粧品や乳液ですぐに保湿がおすすめです。


皮膚への刺激もNG

メラノサイトを活性化させて肝斑を増加・角質を傷つけるおそれがあります。

こするような洗顔や強い力のマッサージで過度に肌を刺激しないようにしましょう。

乾燥肌の方は洗いすぎてしまうと余計に悪化させてしまうと言われているので丁寧な洗顔を。


また、セラミド配合の洗顔クリームも販売されているので、それを使いながら肌をケアすることも出来ますね。


洗顔は泡立たせる器具で

最近では100円均一の店舗にも泡立てネットや泡立て器が販売されています。

誰でも簡単にきめ細やかな泡が作れる時代になりました。

ふわふわな泡でなでるような洗顔がベストだと考えられます。


まずはホルモンバランスを整えることから!

くすんだ肌になってしまう前に、自分の肌をいたわりながら、肝斑のもとを少しずつ退治していきましょう。

まずはホルモンバランスを整えるために自分の生活習慣を見直してみませんか。


スポンサーリンク

※参考記事

肝斑の原因とは?治療法のまとめ

肝斑(かんぱん)の皮膚科やクリニックによる治療方法とは!効果の高い治療法紹介

肝斑治療には副作用効果のない食べ物で!女性ホルモンを整える事で改善。

肝斑に効く薬!口コミで人気の塗り薬はシミが消えて心もハッピー!

シミ、しわ、たるみに効く美容液比較ランキング!化粧品の選び方

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近