薄毛で悩んでいる人の中にはAGA治療薬と薄毛に効くサプリメント、どちらを使えばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな人に向けて、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

薄毛に効くサプリメントとAGA治療薬の効果も比較していますので、ぜひ参考にしてみてね。

※薄毛予防におすすめの人気サプリメントランキングです。

薄毛対策に効く育毛発毛サプリメントランキング!

人気のAGA改善サプリメント比較ランキング10選!薄毛予防に効く


スポンサーリンク

薄毛に効くサプリメントとaga治療薬の違い

薄毛に効くサプリメントとaga治療薬の大きな違いは、医薬部外品であるか医薬品であるかの違いにあります。

一般市場で販売されているサプリメントは、医薬品ではなく人間の健康補助を目的として製品として提供されているのですね。


医薬品ではなく、あくまでも人間の栄養分を補助的に補充することを目的としているわけです。


では、根本的に医薬部外品と医薬品は何が違うのでしょうか。

まず、効果に医学的な根拠が存在するかどうかに違いがあります。サプリメントには、確かに人間の健康状態を改善するための栄養分が含まれていますよね。


薄毛予防の場合は、薄毛対策に効果があると考えられている成分がサプリメントとして提供されています。

しかし、実際に本当に効果があるかどうかに関しては確定的ではないわけです。


サプリメントの効果は、その製品を製造して販売している民間企業の独自のデータに基づいています。

言い換えると、その企業がデータを収集して、効果があると独断で言っているに過ぎません。


もちろん、独断で言っているとはいっても、本当に効果があるものを利用しているため人間に効果がないとも言えませんよね。

単純に、医学的に確定的な効果があるとは言えない、側面があるということを理解しておく必要があります。


反対に、aga治療薬はサプリメントと異なって、患者を対象とした本格的な臨床試験を済ませたもののことを意味します。

臨床試験というのは、実際に薬を利用して患者に対してどのような効果があるのかを確認するための作業のことですね。


aga治療薬の場合は、この臨床試験の段階で患者に対してagaに一定の効果があると認められています。

そのため、国からもaga治療薬として患者に役立てることができると判断されており、実際に薬の認可をもらっているものもいくつか存在します。


ただ、サプリメントとaga治療薬には副作用の効果の違いもあります。

確かに、aga治療薬には医学的な効果を確認できますが、それと共に副作用があるのです。


agaは特殊な薄毛の症状で、男性ホルモンの働きを抑制することが求められるため、その代償として、男性機能の働きも一緒に低下してしまう副作用が報告されています。

医薬品として効果は高いものの、患者によって薬の効果が強すぎて使うことができない人もいるくらいです。


一方で、サプリメントの場合は医薬品ではないため、副作用は存在しませんので誰でも気軽に使える大きなメリットがあります。

効果の確実性と副作用という二つの点で、薄毛のサプリメントとaga治療薬には大きな違いが存在するわけです。


薄毛サプリメントのメリット・デメリット

薄毛サプリメントのメリット

薄毛サプリメントのメリットは、使いやすさにあります。

サプリメントは人間の健康補助を目的として作られているため、過剰摂取をしない限りは人間に良い効果をもたらしてくれる可能性があります。

しかも、普段摂取することができない栄養分を摂取できる使いやすさが存在します。


薄毛に悩む人は社会人であることが多いですが、乱れた社会生活を送っていると偏った食生活になってしまいがちですよね。

サプリメントを利用すれば、偏った食生活を比較的簡単に是正できます。


また、自分が摂取したい栄養分だけを気軽に摂取できるという使いやすさもポイントです。

例えば、日ごろからたんぱく質を摂取していると自覚している人は、サプリメントを利用して亜鉛などの他の栄養分を摂取できます。

食事の中から薄毛に効果的な栄養分を摂取しようと考えるとストレスも溜まりますし、逆に良く無い場合も有ります。


実際に、髪の毛に良い成分の中には、食事の中からではほとんど吸収できないものも存在します。

この点、サプリメントを利用することができれば、効率的に必要分だけ体内に吸収できるので、とてもわかりやすいといえます。


デメリット

反対に、デメリットはサプリメントに含まれている栄養が、本当に髪の毛に効果的かどうかが判断しづらいことです。

医学的な観点から述べると、aga治療薬として効果があると判断されている日本の治療薬は、2018年現在で2個から3個程度しか存在しません。

それ以外のサプリメントに関しては、そもそもaga治療薬ではないので、薄毛に対して効果があるかどうかが判断できないわけです。


ただ、薄毛に対して効果があるかどうかがわからないということは、良い効果をもたらす可能性もあるということですよね。

薄毛サプリメントに関しては誤解をしている人も多いですが、そもそもサプリメントが身体に有害なことはほとんどありません。


サプリメントは、日常生活の中で足りなくなった栄養分を補充してくれるものであるため、日々摂取すれば、間違いなくそれが体内に吸収された人間の、健康維持に役立てることができます。


吸収された栄養分がそのまま体外に、すべて排出されるなどということはありません。

身体の健康上に配慮して作られていますので、少なくとも栄養そのものに問題がないと考えられているサプリメントを利用すれば、足りていない成分を気軽に吸収できます。

サプリメントはagaなどの薄毛対策だけではなく、人間の健康状態を良好に保つためにも非常に役に立つものといえるでしょう。


薄毛対策サプリメントの成分「ノコギリヤシ」の効果


引用 http://ikumou-professionals.com/3617.html

ノコギリヤシは、agaの原因である男性ホルモンから作られる悪性の物質を抑える力があると考えられています。

そもそも、aga治療薬の必須条件として求められるポイントに、男性ホルモンの働きを抑制するということが挙げられます。


本来、人間が分泌する男性ホルモンは、人間の成長を手助けするために必要不可欠なホルモンとして考えられていますよね。

しかし、成長期を過ぎると成長を手助けすると考えられていた男性ホルモンが、特定の物質と結びつくことによって、髪の毛の脱毛症を発症させることが解明されました。

これが、agaと呼ばれる症状に繋がります。


ですから、aga治療薬には必ずこうした男性ホルモンの働きを抑えて、髪の毛の状態を正常化させることが求められるのです。

この点、ノコギリヤシには脱毛を促す物質を抑える効果があるため、医薬品に頼らなくてもaga治療に役立てる効果が期待されています。


実際に、サプリメントに使われるノコギリヤシに関しては実験も行われていて、agaに対する一定の効果も確認されています。

元々は、前立腺肥大という症状に効果があると判断されていたものなのですが、前立腺肥大の治療の過程で、agaにも効果がある可能性があることがわかりました。


また、ノコギリヤシの良い点は天然由来の成分であるということなんですね。

aga治療薬に用いられている成分の大半は化学物質であるため、患者によっては不適合で利用することができないことも多々あります。


一方で、天然成分のサプリメントのノコギリヤシは、患者を選ばない傾向があるので、とても使いやすい成分として重宝されているのですよ。

一般市場でも、サプリメントとして簡単に入手できます。


aga治療薬を病院で処方してもらう前に、日常的な対策の一環としてこのサプリメントを入手する人はとても多いです。

サプリメントならば副作用がなく利用できるため、完全な治療はムリでもagaの症状を先延ばしにして、脱毛症を予防する効果は期待できます。


ただ、実際に使う場合にはその容量に注意をしなくてはいけません。

規定量以上の容量でサプリメントを使用すると過剰摂取になって、頭痛や吐き気を催すことが考えられます。

前立腺肥大などのほかの症状に対しても有効であるとわかっていますので、一緒に改善しようと規定量以上を使って、逆に体調をおかしくする人もいるので注意しましょう。


記載されている一定量を守れば前立腺にもagaにも有効ですので、過剰摂取だけはしないように心がけましょう。


薄毛対策サプリメント成分「亜鉛」の効果

亜鉛は、髪の毛の毛母細胞に働きかけて、発毛や育毛に役立てることができるとても優秀な成分です。

サプリメントでこの成分を摂取することは、良質な発毛を実現するために必須であるといえます。


亜鉛は、髪の毛に対して栄養分を与えている毛乳頭や、髪の毛を形作っている毛母細胞に対して、より効率的に働くように指示することができます。

それだけではなく、髪の毛の主成分であるたんぱく質の効能を、より高める働きも存在するため、たんぱく質と一緒に吸収すると、より効率的に発毛や育毛に役立てることができるのです。


※参考 毛包と表皮の形成における亜鉛の役割を解明


引用 徳島文理大学薬学部、昭和大学歯学部、理化学研究所の発表


そのため、亜鉛はサプリメントから摂取しなくてはならない、貴重な成分であると考えられています。しかし、現実的な観点から述べると、多くの人がこの亜鉛不足に悩んでいる現状があります。


そもそも、日本人は亜鉛の摂取量が世界的に見ても低い傾向があることが、医学的な研究結果によってわかっているからです。

これは、日本人が暮らす特殊な環境の影響が強いと考えられているのですね。


本来、亜鉛というのはサプリメントではなく、様々な食物の中に含まれている成分なのです。

しかし、日本は環境が特殊で、土壌に存在している食物の中にミネラル分が少ないという特徴があるんです。


これは、日本が火山大国で、ミネラル分を土壌から上手く摂取できない環境にあるからです。

亜鉛は、専門的には必須ミネラルという分類になっている成分であるため、普通ならば土壌の中からでも摂取できる、このミネラル分を吸収できません。

日本人は、この亜鉛不足を解消するために必須ミネラルを、サプリメントや海産物から摂取する道を選択しました。


そのため、日本の海産物は世界的に見ても豊富なのですね。

こうした事情から、日本人は常に亜鉛不足に関して考えておかなくてはいけない立場にあります。


サプリメントで効率的に取り入れたいと考える場合には、牡蠣などの天然の成分から抽出できるものが好ましいです。

ただ亜鉛で気を付けなくてはならないのは、過剰摂取によって逆に頭皮に対して悪い影響を与えてしまう可能性が存在することです。


確かに、適量を身体に摂り入れると薄毛対策に高い効能を発揮してくれるのですが、過剰摂取すると髪の毛が脱毛してしまう現象も確認されているので注意点です。

これは、この成分が男性ホルモンの分泌を促す作用が存在するからです。


男性ホルモンはagaの原因となっているホルモンであるため、必要以上に吸収すると逆効果になります。

ですから、亜鉛サプリメントを利用する際には、頭皮への影響を良く考えるようにしましょう。

※関連記事

亜鉛サプリメントの効果効能!

亜鉛サプリメントおすすめランキング!男女ともに亜鉛で元気になろう!


薄毛対策サプリメントの成分「コラーゲン」の効果

コラーゲンには、髪の毛の保湿を高めてくれる力がありますので、育毛や発毛を促すために大切な成分です。

ただ、そのまま単純なサプリメントとして吸収して、もアミノ酸に分解されてしまうというポイントもありますので、注意をしなくてはいけません。

※参考資料

東京医科歯科大学


コラーゲンを取り入れるときには、きちんとそのまま成分を吸収できるサプリメントを探さなくてはいけないのですよ。

では、なぜコラーゲンが育毛や発毛と関係あるといえるのでしょうか。


そもそも、コラーゲンには頭皮に対する伝達効果があると考えられています。

伝達効果というのは、細胞に対して何らかの行動を働きかけるための効果のことを意味します。


例えば、頭皮にとって有効であると考えられている成分を摂取したとしても、肝心のその成分が育毛や発毛に活かすことができないのならば、意味がありませんよね。

細胞に対して摂取した成分を、育毛や発毛のために活かすように伝達する必要があるわけです。

この伝達の役割を果たす成分が、実はコラーゲンなのですね。


コラーゲンは、それと接触している細胞に対して、細胞分裂を行うように指示を出します。分裂した細胞は代謝機能を向上させることができますので、これによって効率的に頭皮に良い栄養分が巡るようになります。


よく、髪の毛には質やコシが大切だと言われています。

こうした質やコシを作っているのがこの成分なわけですよ。

こうした伝達効果の存在する成分が不足してしまうと、頭皮に効率的に栄養分を巡回させる物質が無くなってしまいます。

そういった支えが無くなると自然と頭皮の環境も悪くなるので、抜け毛に繋がることになります。


実際にコラーゲンに関しては、臨床的な試験結果で髪の毛の質が良好に変化したという発表が2008年にされています。

これは日本だけはなくアメリカなどでも行われています。


特に重要なのが、女性に対して一定の効果を確認できたとする発表があったことですね。

基本的に、agaのような特殊な脱毛症には、女性専用の治療薬が存在しません。

aga治療薬のほとんどは男性に対して向けられた薬であるため、女性だけが使える薬が用意されていないのです。


この点、サプリメントとはいえコラーゲンの効果は、女性の髪の毛にも良い結果を得られたと発表しています。

agaに似た症状は女性に対しても生じることが確認されているため、この報告はとても大切です。

男女を問わずに薄毛対策に有効である可能性が示唆されたので、コラーゲンは魅力的な効果を持っていることがわかるでしょう。


※関連記事

コラーゲンサプリの効果的な飲み方!美肌作りに効く

コラーゲンサプリ口コミ人気ランキング7選と選び方!40代女性にオススメ!

aga治療薬のメリット・デメリット

aga治療薬のメリット

aga治療薬のメリットは、確実にagaに対して高い効果を発揮できる点にあります。

副作用があるためaga治療薬は薄毛対策には向かないと考える人もいますが、そのようなことはありません。

使い方を間違えなければとても高い確率で、良い結果を期待することができるのがaga治療薬の魅力なのです。


aga治療薬は、agaを発症している患者本人を対象として、何年も臨床試験を行うことで初めて認可されています。

日本国内で利用されているaga治療薬は、平均しても3年以上の効果を確認しているため継続的に服用しても、患者の命にかかわるような重大な副作用が生じないこともわかっているのですよ。


例えば、一般的なクリニックで提供されているaga治療薬を服用し続ければ、3年後には患者の8割から9割近くがagaの改善の結果を得られたと回答しています。

治療薬は、民間の企業が独自にデータを出したサプリメントとは異なります。

確実性が高い薬のみを提供していますので、継続して治療を続ければagaであっても改善できる可能性が高いメリットがあるのですね。


デメリット

反対に、aga治療薬のデメリットは費用が高い事と、それでも小さな副作用は存在することです。

上記でも述べましたが、aga治療薬は複数年を前提として治療を行いますので、実は治療費が高騰してしまうというデメリットがあります。

一回当たりの処方では、キャンペーンなどを考慮しないと、だいたい7000円程度の費用が必要になります。


また、服用して良い結果を得られたとしても、その患者の身体には合わない可能性も否定できないです。これは、aga治療薬特有の副作用も同時に確認されているからです。


agaは、男性機能を健全に保つ男性ホルモンによって生じる脱毛症です。

男性ホルモンを抑えることを前提としているため、当然その副作用としては男性機能の低下が挙げられます。

実際に、臨床試験の段階でも頭皮への良い結果と同時に、男性機能への副作用を発症してしまったという事例も出ています。


しかし、こうしたデメリットはあくまでも少数のデータを参考にしているだけで、それほど多くはないということも理解しておくことも大切でしょう。

例えば、上記の男性機能への副作用に関しては、実は全患者のわずか1%から2%程度しか存在しないことも発表されています。


aga治療薬における男性機能への副作用は有名なのですが、実はデメリット面だけが主張されていて、こうしたデータはきちんと提供されていないのですね。

副作用が生じる可能性そのものが、実はものすごく低いということを知っておきましょう。


aga治療薬の主成分「フィナステリド配合内服薬」の効果

フィナステリドは、元々前立腺肥大の治療薬として利用されていた成分です。

言い換えるのならば、ノコギリヤシから抽出されたエキスを化学合成したものが、実はフィナステリドなのです。


一般的な製品名では、プロペシアという名前で提供されています。

サプリメントとしてのノコギリヤシと大きく異なるのは、プロペシアは日本国内でaga治療薬として認可された医薬品であるという点です。

※参考資料

日本皮膚科学会 男性型脱毛症診療ガイドライン


フィナステリドには、agaの発症要因の物質を抑える働きがあります。

agaを治療する場合には、健康的だった毛髪の成長サイクルを、正しい形に戻すことが求められます。


男性ホルモンが5 αリダクターゼと結合すると脱毛物質に変化し、この物質は毛髪の成長のサイクルを乱して、成長期を短くしてしまうのです。

毛髪のサイクルが狂った頭皮では、質の悪い髪の毛しか生えて来なくなるため、まずはこの原因を是正しなくてはいけません。


フィナステリドが配合された内服薬を服用すると、こうした過程で生じた毛髪の狂いを改善してくれる働きが生まれます。

これは、目に見える形ではっきりと現れますので、誰でも確認可能です。


この現象は、初期脱毛と呼ばれています。プロペシアを服用すると、古くて質の悪かった髪の毛の脱毛現象が始まります。

初めてaga治療薬を利用する人は戸惑うことも多いです。

実際に、こうした現象を見てプロペシアの副作用が出てしまったと誤解をする人も少なくありません。


しかし、初期脱毛はフィナステリドが配合された内服薬の代表的な治療の現象です。

古くなった髪の毛が抜けるだけではなく、抜け落ちた後にそこから新しい産毛が生えてくるのです。


プロペシアによって脱毛物質の働きが抑えられた状態で生えてきた髪の毛は、agaに対して耐性がある髪の毛が生えてきます。

ですから、継続的に服用を続けると、そのまま質の良い髪の毛を成長させることができるようになるります。


フィナステリドは、ノコギリヤシから抽出した化学物質であるため、サプリメントを見てもわかるように、内服薬でも外用薬でもどちらでも使えます。

サプリメントの場合は、抽出した物質を医薬品の規定に引っかからない程度に、シャンプーなどに混ぜたりして利用することもあります。


ただ、化学物質としてフィナステリドを配合して、内服薬として提供しているのは日本ではプロペシアだけです。

aga治療薬として認可されているかどうかはとても重要な違いなので、この点は覚えておきましょう。


aga治療薬の主成分「デュタステリド配合内服薬」の効果

デュタステリドは、プロペシアと同様にaga治療薬として認可された新しいタイプの治療薬です。

そのため、副作用に関してもほとんど同じような作用を確認できます。


ただ、aga治療薬の効果に関しては、両者で若干の違いが存在することに注意をしなくてはいけません。

前提として知っておかなくてはならないのが、実はagaの脱毛症状には1型と2型と呼ばれる脱毛物質の存在があることですね。


一般的に、プロペシアを服用する患者には、前頭部と頭頂部の薄毛の症状が多いと判断されています。

これは、2型の影響が強いと考えられているからです。


agaの代表的な脱毛症状には、生え際から髪の毛が抜け落ちていって、最終的にはM字状に髪の毛が残るというものがあります。

これを抑えるためには、薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンを抑える必要があるため、プロペシアを利用します。


しかし、agaにはこうしたいわゆる2型の脱毛症だけではなく、1型の脱毛症も確認されています。

一般的なaga患者の約8割近くは、2型に分類される患者であると考えられているのですよ。

そのため、1型への対策は外用薬に依存する対策が、主流となる傾向がありました。


ただ、外用薬タイプの抑制は十分でないことも確認されていて、血中に入り込んで働きを抑制する、デュタステリドの働きが注目をされるようになりました。

実際にプロペシアなどは1型の脱毛症に対して有効かどうかがわからないため、1型への抑制手段としてデュタステリドが配合された内服薬が考えられました。


これを利用すると、1型と2型の両方の脱毛症を抑えることができるのです。

また、薬効残存時間がプロペシアとは明らかに異なるという、明確なデータもあるのです。

内服薬として服用するケースでは、血中に薬の成分が溶け込んで、どの程度の長さで効果を発揮するのかがとても重要になります。


プロペシアの場合は、この時間は平均して6時間から8時間程度と比較的短い時間であることが発表されています。

一方で、デュタステリドは約2週間以上も薬効残存時間が存在することがわかっています。


これはつまり、それだけ血中に薬の成分が残って、agaに対する高い抑制力を発揮してくれることを意味する事です。

デュタステリドは長期的な抑制の働きを期待できるため、プロペシアを服用するよりも安定して毛髪を成長させることができるメリットがあります。


その反面、費用に関してはデュタステリド配合内服薬の方が高くなり、プロペシアの方が購入しやすい価格となっています。

aga治療薬の主成分「ミノキシジル外用液および内服薬」の効果

ミノキシジル外用液や内服薬の効果は、血管拡張作用です。

これは、agaに非常に有効な成分であると考えられています。


ミノキシジルには、発毛とagaによる脱毛の作用を抑制する、二つの効果が同時に認められているからです。

ミノキシジルの目的はヘアサイクルそのものを改善することにあります。


agaによって狂った成長サイクルを元に戻して、太い髪の毛を成長させることができるようになります。

脱毛作用を抑制する効果もあることから、プロペシアのように古くて質の悪い髪の毛が脱毛する初期脱毛も同様に確認できます。


また、脱毛抑制の効果があるにも関わらず、分量を間違えなければ女性であっても利用できるメリットがあります。

女性にとって最も有効だと考えられているのがこのミノキシジルあるため、使い方がわからない場合には医師に相談してみましょう。


そもそも、発毛効果がわかったのは外国での臨床試験でのことで、本来は血圧に関わる病気の治療のために利用されていた成分だったのです。

しかし、臨床試験の中で発毛に対する有用性が発見されたことから、agaなどの脱毛症に利用されるようになったわけです。

※参考記事

英国医学雑誌 ミノキシジル:育毛作用


一般的に提供されているミノキシジル外用液は、医薬品指定がされているためこの点は非常に重要です。

サプリメントとして利用できる多くの製品の中にも、血管の動きをスムーズに対して髪の毛の成長を促そうとするも商品ありますよね。

しかし、こうしたサプリメントにはミノキシジルのような、医学的な脱毛症を抑制する効果や発毛効果が認められているわけではありません。


また、一般的なaga治療薬と異なって、クリニックに行って処方してもらう必要性が無い事もミノキシジルの使いやすさに繋がっています。

本来、agaに利用される薬はプロペシアを筆頭に、身体に対して大きな影響を与えることがあるため、サプリメントのように一般市場で販売することが認められていないのです。


一方で、ミノキシジルは民間会社が特許を取得して開発したのです、一般市場で容易に入手することが可能なのです。

使い方をクリニックで確認することはできますが、確認しなくても自由に使うことが可能であるため、用法を理解して使うことが大切です。


また、ミノキシジルには内服薬も存在しますが、これに関しては日本の一般市場では入手できません。

これは、いわゆるジェネリック医薬品に該当するものだからです。

ジェネリック医薬品の内服薬の安全性はクリニックで保証されたモノとは異なるので、利用する場合には自己責任で使用しなくてはならないです。


薄毛予防はサプリを!aga治療は処方薬をと使い分ける

aga治療薬やサプリメントの特徴を考慮すると、単純な予防を考えるのならば薄毛対策サプリメントで十分であると判断できます。

元々、agaは男性ホルモンが原因であると考えられてはいますが、一生その症状が現れずに過ごす人も中には存在しますよね。


では、同じように男性ホルモンが豊富に分泌されている人であっても、こうした違いが生じるのは何故なのでしょうか。

それは、日常生活の予防に大きく関係があるのです。


先天的な薄毛の要因を抱えている人であっても、肝心のトリガーとなる要因は実は日常生活の中に隠れていることが多いのですね。

これは、agaも例外ではないことがわかっています。


例えば、乱れた日常生活を送っている場合には、食生活も乱れることが多いですよね。

こうしたケースでagaのトリガーにスイッチが入ってしまい、脱毛症が発症することになるわけです。


サプリメントは、こうしたことにならないようにするための予防策として、非常に優秀なのです。

サプリメントは、利用する人に対して身体に合っているかどうかという問題はありますが、副作用が存在するものではありません。

この点に関しては間違っている人も多いので、覚えておくことがとても重要です。


サプリメントのように医薬品に指定されていない製品は、有害な副作用が存在しないと認められているものと判断して間違いありません。

では、なぜサプリメントを利用して身体の不調が出る人がいるのでしょうか。

それは、単純にその人のアレルギーなどの体質の問題なのです。


一方で、医薬品であるaga治療薬には例外なく副作用が存在します。

例外なく副作用が存在するというのは非常に大きな違いです。

aga治療薬は、実際にagaの症状が生じた時に、それを抑えたり発毛効果を与えたりする点でとても優秀ですが、その反面で何らかの副作用を必ず受け入れなくてはいけないのです。


医薬品の定義は、医学的な治療の効果とそれに伴う副作用が必ず同伴する、というものであるため、この正しい知識をしっかりと覚えることが大切なのです。

こうした副作用を気にしたくない人は、サプリメントを利用してリスクなく薄毛を予防していく選択をとると良いでしょう。


反対に、副作用を多少受け入れても、既に発症した症状を何とかしたいのならば、医薬品に頼るしかありません。

副作用とはいっても、aga治療薬の場合は、他の医薬品と比較して副作用が現れる可能性が低いことは既に述べた通りですよね。

医師の判断に従って正しく使っていけば、脱毛作用を抑えて発毛を期待できるため、状況に応じて使い分けることが何よりも重要なのです。


まとめ

今回は医師の資料などを元に効果を比較してみました。薄毛予防にはサプリメントがいいと思いますし、しっかりとagaの治療したい方はお薬が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

※参考

【重要】前髪が細い男性に効く育毛剤とは!薄い髪を太くする方法

【重要】女性のaga治療薬は危険なの?効果と費用、副作用を比較

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近