普段あまり意識することはないけれど、実は私たちが生きていく上でなくてはならない働きを担っている臓器…それが肝臓です。

肝臓の働きが低下してしまうと、さまざまな症状を引き起こしたり、場合によっては命に関わる病気に繋がったりする恐れもあります。

健康的な毎日のためにも、日頃から肝臓を労わる生活を心がけておくことは大切です。

ここでは、肝臓の働きや病気、肝臓病を防ぐための予防策、そして肝臓回復に効果が期待できるサプリメントなどをご紹介します。

スポンサーリンク


沈黙の臓器「肝臓」

肝臓は、人体の中にある最大の臓器です。

「人体の化学工場」と呼ばれ、有害なアンモニアを無害な尿素に変換する・脂肪の消化を助ける胆汁を作り出す・ブドウ糖などの養分をグリコーゲンとして一時的に蓄えるなどの働きを担っています。

生命の維持に欠かせない肝臓ですが、何らかのトラブルが生じてもなかなか症状が現れない「沈黙の臓器」とも呼ばれており、症状が現れた時には病気がかなり進行しているケースも珍しくありません。


こんな症状は肝臓が弱っているサインかも!?

肝臓の機能が低下すると、右腹部の痛みや張り・爪の変化(白化・不整・縦線など)・食欲の低下・吐き気・疲労感・体の痒み・発熱・アルコール類に弱くなるなどの症状が現れます。

さらに病状が進むと、男性の女性化乳房・便が白くなる・尿が茶色くなる・白目が黄色くなる(黄疸)・掌が赤くなる・赤い斑点が体に出来るなどの症状が見られるケースもあります。

このような症状が現れた場合は、肝臓が弱っているサインかもしれません。


肝臓の主な病気

肝臓に発症する病気の中でも、主なものをご紹介します。


脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まることで引き起こされる病気です。

健康診断で脂肪肝を指摘された経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

脂肪肝の最も大きな原因は肥満、糖尿病、そしてアルコールの飲み過ぎです。

脂肪肝になると肝臓の機能が低下し、動脈硬化などさまざまな生活習慣病を引き起こす恐れがあります。

また、アルコール性の脂肪肝は肝硬変に進む恐れがあるため注意が必要です。


肝炎

肝炎とは、名前の通り肝臓に炎症が起きる病気です。

急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎の3つに大別され、放置すると命に関わる事態を招く恐れもあります。

肝炎の原因には、肝炎ウィルスが原因のB型肝炎・C型肝炎や、アルコールの飲み過ぎによるアルコール性肝炎、そしてNASH(非アルコール性脂肪肝炎)などが挙げられます。

いずれも初期の内は自覚症状が乏しく、血液検査で偶然指摘をされて見つかるケースも珍しくありません。


肝硬変

肝臓の炎症が慢性的に続く慢性肝炎の状態が長期に渡り継続すると、肝臓が小さく硬くなる肝硬変に進行してしまいます。

肝硬変になってしまった肝臓は、その機能が著しく低下するため、尿の色が濃い・疲れやすい・白目の色が黄色くなるなどの症状が現れます。

また、肝硬変は肝臓がんに進行しやすく、そうなると命に関わる危険もあります。


肝臓がん

肝臓の病気の中でも、最も恐ろしいものの1つが肝臓がんです。

肝臓がんには原発性肝臓がんと転移性肝臓がんの2種類があります。

原発性肝臓がんの多くは、前がん病変である肝硬変を経て発症するとされており、肝硬変や、さらには脂肪肝・肝炎の既往がある人は、定期的にメディカルチェックを受けるなど注意が必要です。

一方、転移性肝臓がんは肝臓以外に存在する原発巣からがんが肝臓に転移したものなので、大元となる病気に準じた治療が必要となります。


肝臓の病気を防ぐためには?

初期にはなかなか症状が現れず、ひとたび悪化すると治療が難航するケースも珍しくない肝臓の病気。そんな厄介な肝臓の病気を防ぐためには、日頃から肝臓を労わる生活を心がけることが大切です。

以下に、肝臓の病気を防ぐための主な方法をご紹介します。


食生活を見直す

ケーキやジュース、ジャンクフードなど、糖質や脂質を多く含む偏った食事は、脂肪肝の原因になります。

脂肪肝が悪化すると肝炎・肝硬変へと進行し、最悪の場合は肝臓がんを発症する恐れもあります。

食生活を見直し、バランスの取れた食事を心がければ、そうした事態を未然に防ぐことができます。

特に、健康診断で脂肪肝を指摘された人や、肥満の人、高血圧の人、コレステロール値が高い人は注意が必要です。


適度に体を動かす

ウォーキングやジョギング、水泳など、日常生活の中に適度な運動を取り入れることは、肝臓だけでなく、全身の健康状態にとってもプラスになります。

運動によって筋肉量が増えると脂肪が燃焼しやすくなり、肝臓に余分な脂肪が溜まるのを防ぐことができます。

仕事や家事、育児などが忙しくなかなか運動の時間が取れないという人も、通勤の際にひと駅分歩く、家事や育児の合間に踏み台昇降運動など気軽にできる運動を取り入れるだけで、ある程度の効果を期待することができます。


アルコールを控える

アルコールは肝臓にとって大敵です。

アルコールの飲み過ぎは脂肪肝やアルコール性肝炎を引き起こし、最終的には肝硬変から肝臓がんへと進行するケースも少なくありません。

個人差はありますが、1日あたりのアルコールの適量は、成人男性の場合ビールなら中ビン1本、ウィスキーダブル1杯、日本酒1合とされています。

女性や、体質的にお酒に弱い人の場合はさらに少なくなります。

日本人の44%はお酒に弱い体質というデータもあり、肝臓の健康を守るためには、アルコールは極力控えた方が賢明と言えるでしょう。


サプリメントを服用する

肝臓に良い食材としては、牡蠣・しじみ・ウコン・ごま・レバーなどが有名です。

しかし、それらの食材を毎日摂り続けるのは大変ですよね。

そんな時に便利なのが肝臓の回復に効くサプリメントです。

肝臓回復に効果が期待できるサプリメントを利用すれば、肝臓の機能をサポートしてくれる成分を手軽に摂取することができます。


肝臓回復に効く人気サプリメントランキング

肝臓の働きを促進するために、栄養を補うサプリメントを10こ紹介します。


人気ランキング1位「レバリズム-L」

公式サイト レバリズム・L初回モニター価格980円


「レバリズム-L」は、静岡県産しじみエキス・岡山県産牡蠣エキス・千葉県産スクワレンなどから作られたサプリメントです。

アンモニアを分解し解毒作用を助けるアミノ酸オルニチンやタウリン、元気の源を作り出す亜鉛、肝臓に酸素を運び、新陳代謝の促進や免疫力UPするといわれているスクワレンなどが豊富に含まれており、肝臓の機能を高める効果が期待できます。


口コミ

医者から肝臓の数値が高いと注意されていたのでレバリズムを購入して飲み、合わせてお酒の量も気にするようにしたところ、相乗効果かかなり数値が下がって医者から褒められました。

飲んだ翌日二日酔いで苦しむことが少なくなり、朝もすっきりと目覚めることができるようになりました。なんだか体が軽くなったような気がします。

サプリメントを飲み始めてから、徐々にだるさや疲れを感じにくくなり、飲んだ翌日でも元気でいられるようになりました。どうしてもお酒を止めることができそうにないので、これからも続けていきたいと思います。


人気ランキング2位「肝パワーEプラス」

公式サイト 「肝パワーEプラス」


「肝パワーEプラス」は、タウリン・亜鉛などの栄養素に満ちた広島県産牡蠣・スコルジニンなどの成分を豊富に含む長野県産ジャンボにんにく・そしてクエン酸たっぷりの和歌山県紀州産南高梅を配合したサプリメントです。

1日たったの3粒飲むだけで、カボチャの24倍のビタミンE、納豆の21倍のビタミンB2、大豆の9倍のビタミンB1、バナナの11倍のビタミンB6も摂取することができます。


口コミ

年齢とともに疲れがとれなくなり悩んでいましたが、肝パワーEプラスを飲み始めてから体が軽くなったような気がします。これからも飲み続けます。

ずっとリピートしているサプリメントです。飲み会が多い職場なので肝臓への負担が大きいはずなのに、これを飲み続けているおかげか健康診断結果でも肝臓に異常はでていません。


人気ランキング3位「オルニパワー」

公式サイト  オルニパワーZnプラス>>


「オルニパワー」は、オルニチンをたっぷり含んだ島根県宍道湖産しじみエキスや、タウリン・亜鉛が豊富な牡蠣エキス、さらにはいくらなどに含まれる赤の色素・アスタキサンチンをたっぷりと配合したサプリメントです。

オルニチンの含有量はなんと800mg!また、亜鉛も12mgと、1日の必要量をしっかり補えるだけの成分が含まれています。

厳しい基準をクリアしたGMP取得工場で製造されているため、安心して飲み続けることができます。


口コミ

お酒を飲んだ日は、夜中に何度もトイレに起きてしまうのですが、オルニパワーを飲み始めてからお酒を飲んだ日でも夜中に起きる回数がかなり減りました。今後も続けてみたいと思います。

飲み始めてから悪酔いが減ったような気がします。また、大抵飲んだ日の翌朝は体がだるくて起きるのが辛いのですがスッキリと目が覚めるようになりました。


人気ランキング4位 きなり

きなり

公式サイト:DHAサプリメント「きなり」


きなりは肝臓に溜まりやすい中性脂肪を減らす効果の高いサプリメントです。

きなりの特徴的な成分は、今話題のオメガ3(DHA・EPA)です。

毎日お酒を飲む方で体の健康を考えている方には、オススメのサプリメントです。


口コミ

脂肪肝に効果があるかは疑問でしたが、納豆の成分も配合されていることから効果が期待できるのではないかという安易な考えて利用し始めました。

飲んでみるとこの考えが大当たりで、1年も飲み続けると検査結果に大きな違いがあり効果が実感できました。


人気ランキング5位牡蠣のチカラ

oyster shade

公式サイト:瀬戸内海産牡蠣エキス+マカ+高麗人参配合【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】


累計販売数7万袋以上売れている、人気の牡蠣エキスサプリメントです。

肝臓の回復に効く成分は牡蠣に含まれているアルニギンや亜鉛以外に、マカ・高麗人参も配合されています。

1日3粒で弱った肝臓を速やかに回復してくれるので、お酒を飲む機会の多い方にはオススメのサプリメントです。


口コミ

決め手は自然素材へのこだわりです。安心して毎日続けられるものでなければ意味がありませんから。

最初は疑心暗鬼でしたが少しずつ変化を感じるようになってきました。

集中力もアップし、大きな仕事も精力的にこなせるように。

今では毎日仕事もプライベートも絶好調です。


人気ランキング6位 ヘパリーゼZ

公式サイト ゼリアオンライン


お酒に欠かせない肝臓に効くサプリメントと言えば、テレビcmで有名なヘパリーゼの名前が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

コンビニやドラッグストアで販売されているヘパリーゼとは内容成分が違い、ヘパリーゼZは効果も高めに作られています。

アルコールの分解と解毒効果が高いので、今回はランキング5位に選ばれました。

二日酔いが昔よりも多く感じる方にはオススメの肝臓回復系サプリメントです。


口コミ

初めはお酒を飲む日だけ飲むようにしていたのですが、だんだんと癖がついてしまって、お酒を飲まない日でも飲むようになったら、体が軽くなるのを実感しました。

気になっていた腹回りも少しほっそりしたような…。


人気ランキング7位 牡蠣侍

公式サイト:【牡蠣侍】


牡蠣侍も亜鉛に特化したオススメのサプリメントです。

年齢とともにお酒が弱く感じている男性には人気のあるサプリメントで、お酒を飲む前に飲むだけで、二日酔いなどが気にならない口コミが多いです。


また飲み過ぎた後に飲むことで、次の朝もすっきりすると言う口コミも多いです。

肝臓の機能回復系サプリメントとしては牡蠣侍もオススメです。

亜鉛のサプリメントの中でも人気のあるサプリメントですよ。


口コミ

仕事に行く前に牡蠣侍を必ず3粒飲んでいます。旅行などで家をあける時にも、もちろん持って行って飲んでいるのですが、あちこち歩きまわっても、以前よりも疲れを感じないような気がして楽しめています。


人気ランキング8位 琉球ウコン

公式サイト 琉球ウコンハーフパック


琉球ウコンはこだわりの無農薬栽培のウコンから作られたサプリメントです。

サプリメントに配合されているポリフェノールの1種のクルクミンが、ライバル商品と比べて3倍以上配合されていますので、ウコンの吸収率が圧倒的に高く、効果を早く感じることができます。

肝臓回復のためにウコンのサプリメントを探している方にはオススメです。


口コミ

琉球ウコンを選んだ決め手は、国産の秋ウコン・春ウコン・紫ウコンが入っていたからです。

以来、次の日もスッキリだし、美容にも良い感じです。


人気ランキング9位 秋ウコンホワイト

公式サイト 新素材の白い秋ウコン!


秋ウコンホワイトも吸収率が高く、早く効果を実感できるオススメのサプリメントです。

ウコンの種類の中でも秋ウコンに最も多くクルクミンが含まれているので、こちらもウコンパワーを早く実感できます。

お酒を飲んだ次の日に体が重く感じられる方には、いちど試していただきたい人気のサプリメントです。


口コミ

飲む前と飲んだ後どちらがより効果があるのかを実際に試してみました。僕には良かったようですね。

その後にもう一度個人的な友人との飲みでは飲む前に舐めておいたら、翌朝を全然スッキリ迎える事が出来ました♪

まだ続けて行こうと思っています。


人気ランキング10位 カキプラスZ

公式サイト 『カキプラスZ』


カキプラスZには亜鉛だけではなくウコンエキスとセサミンも配合されています。

セサミンにはアンチエイジング効果があり、弱った肝臓を回復する効果がありますので、年齢とともにお酒が弱くなったと感じている人に人気です。

カキプラスZも肝臓の回復に効果的な人気のサプリメントです。


口コミ

毎日カキプラスZを飲み続けています。

疲れたなと感じる時はいつもの倍飲んで寝ると、朝スッキリしています。

健康のために何かを始めようという思いからカキプラスZを始めてみました。

薬ではなくサプリメントですが、劇的な効果を感じたわけではありませんが、飲み続けるうちに徐々に疲れにくくなったり、いつもよりも元気な気がしたりしています。


肝臓の回復に効くサプリメントの選び方

肝臓の回復に良いと言われている成分の効果を紹介しておきます。

成分の効果を参考に自分に合うサプリメントを選びましょう。


肝臓回復に効く成分の効果

・オルニチン
オルニチンはしじみに多く含まれている成分です。

オルニチンの1日の推奨される摂取量は1グラムですが、しじみでオルニチンを1グラム取るためには100個以上のしじみが必要だそうです。笑

毎日しじみ100個以上はちょっと難しそうですよね。


オルニチンの効果
オルニチンの特徴的な効果は、二日酔いを解消する効果と疲労回復効果です。

オルニチンにはアンモニアの代謝をサポートする働きがあり、肝臓の持つ解毒作用を高めてくれます。

オルニチンをとることで肝臓が活性化しアルコールの分解効果が高まりますので、二日酔いにもなりにくくなりますよ。

疲労回復効果に関しては肝臓を回復することにより疲労が回復できるので、疲労の回復を主に考える方は、オルニチン以外のサプリメントの方がいいかもしれませんね。


・タウリン
タウリンは主に魚介類に多く含まれている成分です。

イカやタコ、カキなどに多く含まれています。


タウリンの効果
タウリンには胆汁酸の分泌を促す効果があり、肝臓の働きをサポートしてくれます。

タウリンを与えたラットと、タウリンを与えていないラットに同じ量のアルコールを飲ませた測定結果によると、タウリンを与えたラットの方が明らかに早く、アルコールを分解したと言う報告も発表されています。

タウリンの効果とは肝臓の働きを促進して、アルコールの分解能力を高める効果です。


・ウコン
ウコンはカレーによく利用されるスパイスのターメリックと、同じ植物だと言うことを皆さんは知っていましたか?

女性は知っている人も多いと思いますが、男性は知らない人も多いのかもしれませんね。

そんなウコンにはどのような効果があるのでしょうか。


ウコンの効果
ウコンにはクルクミンと言う成分が含まれていて、このクルクミンが肝機能の改善に効果的なのです。

クルクミンはポリフェノールの1種で、胆汁の分泌を促す効果があります。

クルクミンにより胆汁の分泌が増えることで、肝臓の働きも活発になるので、肝機能アップに効果的だと言われています。

ウコンを取ることにより肝機能がアップし、アルコールの解消を高めてくれます。


・アラニン
アラニンはしじみやアサリなどの貝類や、豚や牛などのレバーに多く含まれている成分です。


アラニンの効果
アラニンには肝機能を高める働きがあり、アルコールの解消を高めて二日酔いを早く改善する効果があると言われています。

お酒を飲む前に飲んでおくと二日酔いを防げる成分ですね。


・亜鉛
亜鉛は体に絶対必要な成分です。

亜鉛が多く含まれている食べ物はチーズやナッツ類、牡蠣や牛肉などにも多く含まれています。


亜鉛の効果
亜鉛は新しい細胞を作り出すのに欠かせない成分です。

亜鉛が不足することで疲れた肝臓の回復も悪くなり、肝臓の働きも弱くなりやすいです。

亜鉛をとることで肝臓の細胞が新しく作られ、肝臓の機能が回復して働きも活性化します。

亜鉛を上手に摂取することで新しい細胞が生み出され、肝臓の働きも回復しますよ。


※関連記事

亜鉛サプリメントの効果効能!
亜鉛サプリメントおすすめランキング!


まとめ

肝臓の健康を守るためには

肝臓の健康を守るためには、生活習慣の見直しや定期的なメディカルチェック、そしてサプリメントの服用などが効果的です。

元気な肝臓をしっかり守って、生き生きとした毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

※関連記事
脂肪肝改善に効くおすすめサプリメントランキング8選

Similar Posts:

The following two tabs change content below.

ユミちゃん

小学1年生と4年生の女の子の子育てに奮闘している37歳専業主婦のユミちゃんです。 27歳の時に仕事の無理がたたり体調を崩しました。その頃から健康を気遣うようになり、健康であり続ける為に始めたサプリメントの効果に感動!200種類以上のサプリメントを試しました。 今では友達に、「サプリメントマニア」と呼ばれています(笑) このブログでは、実際に私自身が試して良かったサプリメントを中心に紹介していきます。 少しでもお役にたてれば幸いです。 血液型 B型 趣味 料理とお昼寝 好きな食べ物 ケーキ 似ている芸能人 友近